ディスカウント量販店「ドン・キホーテ」八王子駅前店の3階のおもちゃ売り場で、3月31日、中国人店員が傷害事件を起こした。ポストセブンが報じている。
中国人

ポストセブンによれば、幼い子供連れの30代男性が商品の代金を支払おうとしたところレジの中国人店員と口論になり、中国人店員が男性客を殴りつけ突き飛ばした。さらに中国人店員は男性客に馬乗りになり複数回殴打。店内には目撃者が大勢いたという。別の店員が数分後に仲裁したが、その間男性客は殴られ続けた。現場に駆けつけた八王子署の警官らによると、レジにいた中国人店員は殴りかかる前から不機嫌な様子であったという。中国人店員が客の商品を乱暴に扱うなどしていたため男性客が注意したところ突然一方的に殴りかかったようだ。

在日中国人・韓国人の悪行が絶えない。中国・韓国人は不法滞在も多く、組織的に詐欺事件や窃盗事件、暴力事件を起こし、あるいは薬物・武器の密輸を行うなど、違法なことも平気で行い、傍若無人ぶりが目立っている。また政治的にも反日色が濃いため、中国・韓国人の入国禁止を求める声が挙がっている。


ドンキで中国人店員が客をボコボコに 打撲で全治10日の診断(ポストセブン)
http://www.news-postseven.com/archives/20150602_326161.html


赤松伊織