初動のミス、全容把握の遅れ、対策と対応の不備など、韓国の杜撰さが目立つ中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス蔓延事件。4日、さらにとんでもない事態が発覚した。ソウル市の朴元淳(パク・ウォンスン)市長が同日夜、緊急会見を開き、韓国で35人目のMERS感染者と確認された医師が、症状が出始めた後も1500人以上のソウル市民と直接、間接的に接触していたことを明らかにしたのだ。日韓および世界各紙が報じている。
MERS
市によると、この医師はソウル市内の病院に勤務しており、先月27日に2次感染者の患者と接触し、勤務先の判断で診療を中断するよう指示された。29日に咳(せき)などの軽い症状が見られたが勤務を続けていた。30日には微熱があったものの、午前の3時間、病院の大講堂で開かれたシンポジウムに参加した。夕食時に家族とともに市内のショッピングセンターで外食した後、計1565人が参加した地域行事に30分間出席していたという。31日頃に咳や痰(たん)、高熱が出るなど症状が悪化、しかし、午前の1時間は前日に引き続き病院内でシンポジウムに出席し、ファストフード店にも立ち寄った。一度帰宅したのち夜に病院に隔離され、翌日の今月1日に陽性と判定された。市は地域行事に出席した1565人のリストを確保し、4日のうちに連絡を取り、自宅から出ないよう要請したという。それ以外の場所で医師と接触した市民の数などはまだ正確に把握していないという。

WHO(=世界保健機関)では、「動物に近付かない」「咳をしている人に近付かない」「人混みを避ける」「生水、生食を行わない」など、一般的なウイルス対策と同じ基本的な予防をすることで感染拡大を防げるとしている。MERS蔓延は韓国人の普段からの不衛生さが災いしていると言ってよい。韓国政府は「(感染源である)ラクダの生肉を食べない」「海外の反韓感情を抑止する」などと対策を打ち出しているが的外れもいいところ。今週はじめには1500人の隔離対象者が、今週末には3000人以上にまで膨れあがった。韓国政府が詳細な情報を開示しないため、世界各国も対応に戸惑っている。このままでは韓国人の杜撰さが原因で世界中に蔓延が広がるおそれがある。


(関連)

韓国MERS 感染判明医師1500人と接触(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2015060502000130.html


赤松伊織