以前も当サイトで扱った宮城県知事・村井嘉浩の暴挙。伊藤博文公を暗殺した朝鮮人・安重根の碑とそれに伴う案内板に税金を費やし、日韓友好を主張。暗殺者を崇める異常な実態を報じた。

安重根の碑は「日本人の素晴らしい行いをPR」村井嘉浩宮城県知事(豊受真報臨時号過去記事)
http://toyouke.ldblog.jp/archives/32380371.html

村井嘉浩という人物をよく調べてみると、他にも日本にとって不利益となるような行動をとっている。そのいくつかを紹介したい。
murai

■共産党員と懇意
村井氏の政治団体「村井よしひろ後援会」。その政治団体が、村井氏と、共産党・三浦一敏と握手している写真を2013年10月20日にフェイスブックにアップ。
murai kyousanto
「三浦一敏県議(共産党)も全力で応援してくれています」などと文章が添えられた。共産党といえば極左で知られる政党だ。警察庁は共産党を公式に「暴力革命の方針を堅持する」と評価、テロ組織の1つと位置づけている。これをうけ、被災者・県民などで構成される「あったか宮城の会」は、同日中「三浦議員が村井候補を応援しているというのは有権者を欺く虚偽」と反論。選挙とは無関係とした。しかし写真が流れてしまったからには後の祭り。共産党員と懇意である姿を一般公開する村井氏。その意図とは一体・・・。

活動の紹介 村井候補陣営が虚偽を公表、選挙の公正を害すると選管に調査を要請(あったか宮城の会)
http://www.attakamiyagi.com/2013senkyo_report_sub1.html

■仙台-ソウル便の斡旋
村井氏は仙台と韓国・ソウルを結ぶ国際線の斡旋(あっせん)に着手している。仙台商工会議所の発行する月報『飛翔』2010年6月号によれば、村井氏ら17名が仙台空港国際化利用促進という名目で、仙台-ソウル便20周年ミッションに参加。韓国・アシアナ航空や韓国観光公社に表敬した。村井氏と韓国との深い繋がりが見てとれる。

飛翔 2010年6月号 仙台-ソウル線就航二十周年記念ミッション
http://www.sendaicci.or.jp/date/contents/22-06mission.pdf

■韓国人観光客を積極誘致
村井氏の韓国人誘致は仙台-ソウル便だけに留まらない。新華社の報道によれば、2011年3月11日の東日本大震災をうけ、村井氏は訪韓した。訪韓したのは同年8月29日。福島原発事故などで放射能汚染が懸念され訪日を制限していた韓国に対し、村井氏は制限を緩和するよう要請したのだ。8月といえばまだ震災の混乱が収まっていなかった頃だ。宮城県の安全や復興よりも韓国人誘致に熱を入れる村井氏。一体何を思ってこのような行動に出たのか謎である。

県の安全性アピール、韓国に渡航自粛解除を要請―宮城県知事(ライブドア/フォーカスアジア)
http://news.livedoor.com/article/detail/5821906/

■民団65周年記念行事に祝辞
民団(=在日本大韓民国民団)は、2011年、65周年記念事業を行った。民団関係者や韓国人が祝辞を寄せる中、村井氏もいた。村井氏は、「韓国政府と民団の皆さんに大変温かい支援を頂き、県民を代表し心より感謝したい」「これからも韓国と日本、韓国と宮城県が良好な関係を築いていくためには、民団の力が不可欠」などと述べている。なぜ村井氏が民団に祝辞を寄せたのだろうか。ここでも韓国との深い繋がりが見てとれる。そして在日社会とも何か縁があるのだろうか。

65周年記念事業のひとつの次世代母国研修に参加した青年会員たち/不可欠な民団の力 宮城県知事 村井嘉浩氏(民団新聞)
http://www.mindan.org/front/jijitaronDetail.php?sisaid=122

■地元企業への圧力
2013年、日本時事評論社のコラムによれば、村井氏は宮城県漁協の反対を押し切って、漁業への民間企業参入を促す「水産業復興特区」の認定を復興庁に申請したという。つまり地元の生産者の利益を民間企業に流す政策をとったわけだ。また、時事通信のインタビュー記事によれば、復興のための「雇用創出」として、「県外や海外の企業を誘致し、外の血を入れることで県内企業の活性化を目指す」などと述べている。地元の産業・雇用を無視した暴挙だ。むしろ県外や外国に頼るという、地元の産業を潰しかねない危険な政策をとった。一体何が狙いだったのだろうか。

コラムNo.14 漁業者の生活を豊かにするには(日本時事評論)
http://nipponjijihyoron.co.jp/column.html

トップインタビュー 村井嘉浩・宮城県知事(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/v2?id=20111104top_interview22_21

-----------------

村井氏には日本の利益、宮城県の利益より優先させなければならないものがあるのだろうか?不可解で理不尽な行動が目立つ。宮城県知事という立場上、宮城県、そして日本のために尽力しなくてはいけない立場のはずだが・・・。彼の目には一体何が見えているのだろうか。


赤松伊織