中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス蔓延が止まらない韓国。具体的な対策はなし。世界各国から不満が噴出している状態だ。そしてその影響は海外にまで波及している。上海できょう13日に開幕する第18回上海国際映画祭では、主催者が韓国からの出席者に対して出席の取り消しを検討するように求めていた。韓国紙などが伝えている。
MERS

これを受け、開幕式出席を予定していた韓国人俳優、映画監督、映画スタッフらが出席をキャンセル。訪中を見合わせたという。世界各国の映画界の著名人が招待されるこの祭典で、実質韓国人が締め出しをくらったことになる。当然の措置である。逆に本来ならばMERS蔓延している韓国から出席を辞退すべきであるが、指摘されるまでなぜか辞退や咎める声が韓国内で挙がらなかった。MERS蔓延は韓国人の意識の低さに問題がありそうだ。

ちなみに韓国でも徐々に渡航自粛の声が挙がってきているようだ。台湾では、台湾各地と韓国を結ぶ直行便を運航する台湾航空各社で搭乗率低下が見受けられるといい、近日になって韓国線の運休、減便が相次ぎ発表される事態となっている。日本でも韓国への観光客は激減しているが、外務省が注意を促したのと韓国人の入国が厳密になっただけで、その他特に対策は行っていない。日本も早急に韓国人を入国させない、韓国製品の輸入をストップするなどの措置が必要と思われる。


(関連)

韓国人に「来ないで」、上海国際映画祭で主催者 (J-cast)
http://www.j-cast.com/2015/06/12237627.html


赤松伊織