adachi
現在、先の西宮市議会議員選挙で「28歳フリーター」と書かれた個性的な選挙ポスターで話題になった安達真周氏(29)が、越木岩神社の磐座と下鴨神社の糺の森の保存活動に乗り出したことで、各界に動揺が走っている。

安達氏は越木岩神社による署名活動に協力したほか、デモ活動や署名活動なども積極的に行っているが、その活動の中で、現在国会で審議中の安全保障関連法案に反対する趣旨のコールを行うなどの行為が、インターネット上で議論を呼んでいる。

621
2015年6月18日に出町柳で行なわれた、下鴨神社の糺の森を守る署名活動の風景。
「戦争も原発も神社も私達みんなの問題」
「世界遺産糺の森は地球人みんなの宝」
というプラカードがある。
twitter0618


senkyosyashin
kouji
安達氏の西宮市議会議員選挙時の選挙公約を一部紹介すると
・即時廃炉による脱原発の実現。
・特定秘密保護法を廃止し全面公開法を。
・自衛隊の武装をすべてなくしレスキュー隊に。
・銭湯におけるタトゥーの入場可。
・性教育を小学校3年生から導入。
・大麻の合法化。
といった内容が並んでいる。

このため、越木岩神社の磐座と下鴨神社の糺の森の保存活動に参加・協力・同意している人々からは、安達氏の政治活動に利用されている、左翼に乗っ取られたといった批判もあるほか、具体的に活動していることを評価するといった声も見ることができる。

署名や集会やデモを行うにあたって、主催者は①趣旨を明確なものにすること、②趣旨と異なる主張を展開しないこと、③個人情報保護法に基づく取り扱いを明示すること、の3点を原則にするべきである。

参加・協力を検討する人もまた、上記3点を確認し、主催者が誰なのかをある程度把握する必要があるだろう。

越木岩神社の磐座と下鴨神社の糺の森、いずれの保存活動についても、署名活動や集会は安達氏によるものだけではないので、それぞれ内容を熟読し、検討する作業も必要となる。

社会活動への参加は、社会人なら誰でも参加できるものだが、社会人ゆえに判断するのは個人の責任である。

2015年6月23日
天之加久矢

参考
安達真周氏ブログ
http://ameblo.jp/nigino-12/

安達真周氏twitter
https://twitter.com/neomashu

安達真周氏選挙公約
http://ameblo.jp/nigino-12/entry-12013829179.html

越木岩神社禰宜の飯森良光氏によるインターネット署名
(2015年6月30日まで)
https://goo.gl/NJi13S

イワクラ(磐座)学会
http://iwakura.main.jp/news/20150419_news/newst_20150419.html