韓国系のキリスト教はなぜか政治的な思想をもっていたり、集団ヒステリーのような性格をもっていたり、何かしら本流のキリスト教とはかけ離れているおかしな部分がある。2005年の韓国統計庁統計によれば、韓国のキリスト教信者は全人口の約3割で、その内訳はカトリック:プロテスタント=1:2であるというから、この比率も世界的にみておかしい。そもそも2000年代に入る前の韓国は「儒教の国」という触れ込みだったはずだ。一体どのタイミングで韓国がキリスト教大国になったのだろうか。また、「イエス・キリストは韓国人」などとお得意の起源説まで披露している始末。結局は歴史が欲しくてキリスト教を崇拝している者が多いというのが実態だろう。

在日韓国人のキリスト教もやはりおかしな思想をもっている。プロテスタント系に「在日大韓基督教会」という教派がある。そのホームページを見てみてほしい。

憲法委員会(在日大韓基督教会)
http://kccj.jp/archives/category/dep/kenpo-dep

在日大韓基督教会 憲法(2013年改訂版)(同上)
http://kccj.jp/archives/8028
在日大韓基督教会 憲法

なぜか自主憲法を制定、その下に活動を行っているのである。「憲法」とは、国家の統治体制の基礎を定める根本の法のことを指す。ということは、在日韓国人にとってキリスト教は国家であるとでもいうのだろうか?たしかに宗教と国家は切っても切り離せない間柄である。が、だからといって宗教=国家と解釈している民族は、ISILのようなテロ集団を除き世界中どこを見渡しても存在しない。ここに在日韓国人のおかしな価値観を垣間見ることが出来る。

在日大韓基督教会らプロテスタント系の教派を束ねるのは「日本キリスト教協議会(=NCC)(Wikipedia)」だ。この組織もいろいろ有り得ない思想をもっている。こちらもホームページを見てみてほしい。

在日外国人の人権委員会(日本キリスト教協議会)
http://ncc-j.org/modules/pico4/

ヤスクニ神社問題委員会(同上)
http://ncc-j.org/modules/pico4/index.php?content_id=8

9条世界宗教者会議(同上)
http://ncc-j.org/modules/pico2/
日本キリスト教協議会

なぜか政治的思想丸出しで、その中身が在日韓国人の人権擁護、靖国神社参拝反対、憲法9条信仰などの内容だ。日本共産党や革マル派、中核派、民団(=在日本大韓民国民団)のような反日極左団体の主張とほぼ一致していることにも注目である。これが日本のプロテスタントを束ねる組織だというのだから驚きだ。宗教を騙っている実質の政治団体と言っても言い過ぎではない。

宗教がおかしな政治活動に使われている。本当に宗教を崇拝している人々はこの現状に危機感を感じないといけない。世界には政教分離の原則もある。宗教を騙り政治に介入しようとしている者は地球から排除しなくてはならない。


赤松伊織