夏の風物詩、花火大会が全国各地で行われている。25日には東京で隅田川花火大会が開催され、2万発の花火が夜空を彩った。
花火

隅田川花火大会は江戸時代から続く日本の伝統行事だ。25日の大会では夜7時過ぎから打ち上げが始まり、2万発の花火が夜空を彩った。会場や東京スカイツリー、浅草寺などで隅田川花火大会を見物したのは約96万3000人(主催者発表)で、大勢が一夜の花に酔いしれた。海外から花火大会を目的に観光しに来ているケースも目立ち、外国人観光客も多かったという。この日東京の最高気温は33度を超える猛暑日であったが、会場はさらなる熱気に包まれた。

8月2~3日には長岡花火大会が行われる。新潟県で開催されるこの花火大会は日本三大花火大会の1つだ。正三尺玉花火を打ち上げる数少ない大会の1つで、打ち上げられた花火は直径650mにも達する。その他全国各地でも今週から8月上旬にかけて多くの花火大会が開催されていく予定だ。ぜひ夏の思い出と日本の伝統を見に、花火大会に訪れてみてはいかがだろうか。


(参照)

花火大会2015 花火カレンダー(Walkerplus)
http://hanabi.walkerplus.com/


赤松伊織