歌手のキム・イェリムとエディ・キムが8月に福島県で公演を予定していることを発表、日韓のメディアが報じた。それに対し、韓国・国民日報は26日、韓国のファン23万人が反対していると伝えた。
韓国人

国民日報の記事によれば、韓流ファンが集うネットコミュニティサイト「韓流熱風サラン」に、24日、「キム・イェリムとエディ・キムの福島公演に反対する」という文章が掲載されたという。文章は「韓流を代表する事務所のミスティック・エンターテインメントが、韓流スターたちの健康と人権を保障することを願う」「放射能のリスクが最大である福島県には絶対行かせてはならない」などと訴えたほか、「福島県が安全で観光できるという日本政府の広報ツールとして利用されてはならない」と公演自体を批判するものだった。これを見たユーザーらが多数同意、同サイトは約23万人の会員を持ち韓流ファンのコミュニティカフェとしては最大規模であるということから、同紙が「23万人が反対している」と報じたのだった。

一方、日本でも歓迎ムードではない。韓国の度重なる挑発、事実無根のでっち上げ、繰り返される謝罪・賠償の要求、過剰な反日思想などが原因で、日本人の嫌韓・反韓感情がピークに達していることは周知のとおり。歴史上最大の険悪ムードだ。ましてや東日本大震災の被災地である福島を日韓友好などという成就し得ない妄想に使われるのは御免だ。さらには終息に向かいつつあるとはいえ、韓国では中東呼吸器症候群「MERS」が拡大したばかり。有り得ないタイミングでの“韓国人襲来”だ。

この公演は韓国側と、日本の一部の在日団体が関係して予定されたという。MERS蔓延により日韓双方の観光客が伸び悩みしていることから企画された背景があるともみられ、政治的な意味合いを多分に含んでいる。実態は日韓双方が望まない公演だ。どうなることか見ものである。


(参照)

K-POP歌手が福島で公演を予定 韓国ファン23万人が反対(フォーカスアジア/ライブドア)
http://news.livedoor.com/article/detail/10403221/


赤松伊織