主に若者言葉として用いられる「マジ」「ビビる」。なんとなく現代に生まれた言葉のように錯覚してしまいがちだが、実はその歴史は古い。
元禄文化

「マジ」という言葉は、江戸時代には歌舞伎の舞台の台詞に既に使われていたことが確認されている。それよりも以前は、江戸時代の芸人が楽屋言葉として使われていたようだ。当時も若者言葉であったようである。一般的には「真面目」という言葉が略されて出来たとされているこの言葉であるが、「控え“め”」「小さ“め”」といった「~め」が「マジ」という言葉にくっついて出来上がった可能性を唱える説もあるため、実際のところ発祥はわかっていない。江戸時代頃にも「真面目の略」といわれ、「真面目・本当」という意味で使われていたとされる。もしかすると今とほとんど変わらない意味で用いられていたのかもしれない。

「ビビる」という言葉は、語源由来辞典などによれば、平安時代末期には既に使われていたことが確認されているという。大軍が動くときに鎧が「びんびん」と響く音を発することから、「びびる音」、転じて「ビビる」となったとされる。なお大阪弁の「ビビる」は「真っ直ぐなもののはずがガタガタになっている」の意味なので違う成り立ちだ。江戸時代には少し違った意味で用いられ、「はにかむ」「恥じらう」の意味でも使われていたようだ。

若者言葉として使われている単語であっても、意味を調べてみると意外と歴史が古い場合もある。他の単語にもそのような場合があるので、ぜひ探してみてほしい。


赤松伊織