韓国各紙が観光収支の大幅減に焦っている。聯合ニュースは、20日、今年1~7月の外国人観光客は730万5000人(トランジット客含む)で前年同期の798万人に比べ8.5%減少したことを報じた。
カラス

同紙は、韓国の今年1~6月の観光収支は22億7600万ドル(約2830億)の赤字だった。これは昨年1年間の赤字である17億100万ドルを大きく超える水準。韓国は6月下旬から7月にかけて中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスが蔓延、そのため感染症の対応に厳しい台湾と香港の観光客が84.1%の減少となっている。最も多く韓国を訪問する中国人観光客数でさえ63.1%も減少。同紙は、円安の影響とともにMERS蔓延が韓国の観光収支を大幅に悪化させていると分析し報じている。

中央日報では、19日、日本の外国人観光客数が1000万人(トランジット客含まず)に達したことを報じた。うち韓国人は216万人訪問したとし、日本の観光産業に韓国人が貢献していることをアピールしている。詳細は記述されていないが、見返りに韓国旅行を懇願するかのようなタイミングの報道だ。韓国への外国人旅行客が多かった2009~2012年頃は民主党政権時期で円高だった。韓国訪問委員会などの韓国政府主導による誘致事業も多額の資金を割いて行われていたため、韓国旅行するお膳立てが整っていたから旅行客が増えていたのだ。現在の閑古鳥が鳴いている状況こそが韓国の実際の力と分析するのが筋だろう。


(参照)

MERSと円安で打撃 観光収支の赤字深刻=韓国(聯合)
http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2015/08/19/0500000000AJP20150819003500882.HTML

日本、外国人観光客数1000万人突破…韓国人は216万人訪問(中央日報)
http://japanese.joins.com/article/643/204643.html


赤松伊織