韓国紙・聯合ニュースが、10日、衝撃的な記事を伝えている。韓国の累積対日貿易赤字が、1965年の日韓国交正常化から今年6月までで、5193億ドル(約63兆円)に達することが10日に判明したというのだ。国会産業通商資源委員会に所属する与党ハンナラ党の金宗フン(キム・ジョンフン)議員が明らかにした。
ウォン

同紙の報道によると、韓国の対日貿易は国交正常化以降、黒字を記録したことがなく、年間対日貿易赤字は2011年286億ドル、2012年256億ドル、2013年254億ドル、2014年216億ドル、今年1~6月が105億ドルと減少傾向にあるというものの、これは韓国の対日産業競争力が上がったためではなく、輸入が減っているため。精密分野が苦手という致命的な欠陥をもつ韓国は先端技術による素材部品を製造できず、日本から輸入して組み立てて販売してきていた。対日貿易赤字のうち、素材部品が占める割合は2001年の43.5%から昨年は40%と縮小傾向にあるものの、やはりかなりの割合の赤字が発生している。

韓国側は「民間企業より政府が主導的に長期計画を樹立し、育成する」などとしているが、韓国政府が主導したからといって解決するものではないだろう。企業の努力が欠如しているままならばどれだけ韓国政府が投資したところで成長は見込めない。このまま日韓の貿易を続けることは韓国にとって多大な代償を支払い続けることになる。韓国経済はもはや崩壊ぎりぎり一歩手前だ。韓国企業がどう対応していくのかが今後の焦点になっていくと思われる。


(参照)

韓国の対日貿易赤字 国交正常化から累積63兆円(聯合ニュース)
http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2015/09/10/0500000000AJP20150910002700882.HTML


赤松伊織