経済産業省は、10日、今年も「コ・フェスタ(JAPAN国際コンテンツフェスティバル)2015」を開催することを発表した。コンテンツ産業およびコンテンツと親和性の高い産業の各種イベントの連携により、業界横断的なネットワークを形成することで、日本の魅力を効果的に発信するという。
日本

「コ・フェスタ」とは、日本が誇るゲーム、アニメ、マンガ、キャラクター、放送、音楽、映画といったコンテンツ産業およびファッション、デザイン等コンテンツと親和性の高い産業に関わる各種イベントを効果的に海外に発信するための海外発信力強化支援プロジェクトのこと。このイベントは2007年から開始され、同省主導のもとでは今年で9年目にあたる。2006年までは東京ゲームショウや東京国際映画祭など、それぞれ単独でイベントが開催されていた。今年の開催場所は国内各地および海外。総来場者数は約200万人を見込んでいるという。今年はさらなる海外発信力強化のため、従来のオフィシャルイベント、パートナーイベントに加え、コアイベントが新しく創設された。

日本文化が海外でブームとなっており、その影響をうけ、2013年には年間訪日外客数が1000万人を達成、今年は1800人にのぼると推定されている。世界に注目される中、ますます日本の魅力を海外にアピールする狙いだ。


(参照)

日本コンテンツ海外発信強化支援プロジェクトである「コ・フェスタ2015」を開催します!(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/press/2015/09/20150910002/20150910002.html

コ・フェスタ公式ホームページ
http://www.cofesta.jp/pc/


赤松伊織