韓国のソウル中央地裁は、11日、ソウルで3月にリッパート駐韓米国大使を刃物で切り付け負傷させたとして、殺人未遂罪などに問われた金基宗被告(55)に、懲役12年(求刑懲役15年)の判決を言い渡した。日経新聞や韓国各紙などが伝えている。
金被告

金東亜裁判長は、顔を切り付けていることなどを根拠に殺意を認定し、殺人未遂罪が成立すると判断した。金被告は、北朝鮮の主張に同調するような文書を作成したことで国家保安法違反罪にも問われたが、金裁判長は「北朝鮮式の表現があっただけで、韓国の自由民主主義秩序を脅かしたとはいえない」として同罪については無罪としたという。金裁判長は「(事件は)全世界に大きな衝撃を与えた。韓米関係が萎縮、悪化する憂慮を招いた」と述べたという。

金被告は前科6犯の犯罪者とされる。2010年7月に当時日本の駐韓国大使であった重家俊範にコンクリート片を投石し、同席の在大韓民国日本国大使館一等書記官の女性を負傷させた事件を起こした際にも、懲役2年、執行猶予3年の有罪判決に留まり収監されなかった人物とされる。金被告の活動には韓国政府が資金援助していたことが発覚しており、それが原因で減刑されているのではないかという噂も流れている。


(参照)

韓国地裁、駐韓米大使襲撃で懲役12年判決(日経)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM11H30_R10C15A9FF2000/


赤松伊織