韓国の産業通商資源省は、1日、輸出入動向(速報)を公表した。発表によれば、2015年1~9月の韓国の輸出額は前年同期比6.6%減の3971億ドル(約47兆円)だった。9月の輸出は435億1000万ドル(約5208億円)で前年同月比8.3%減。9ヶ月連続の輸出減も明らかとなった。韓国紙などが報じている。
経済

韓国側は、石油化学(25%減)や石油製品(35%減)が落ち込んでいると説明、原因を原油安の影響とした。韓国の輸出額は今年に入って、1月0.9%、2月3.3%、3月4.3%、4月8.0%と縮小していき、5月に入ってからは10.9%という2桁減少幅を記録した。6月下旬からは中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス蔓延により観光収支も悪化、また食品類の輸出も鈍化し、輸出が壊滅的となっている。

韓国は海外への依存度が高く、輸出が鈍化すると産業全体に影響を与えてしまう貧弱な経済だ。韓国の金融市場からは資金が流出、制御不能状態。経済悪化にともない若者の失業が深刻となっており、高齢者の半数が貧困で自殺者が大勢出ている。中国紙などは、このままの状態が続けば「韓国はのこり17年で破産する」などと報じているが、悪化は二次関数的に進んでおり、最悪の状態がさらに悪化していく形で続いている。


(参照)

韓国の1~9月輸出額、6.6%減(日経)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM01H55_R01C15A0FF2000/

韓国、9カ月連続で輸出減 貿易収支は黒字(中央日報)
japanese.joins.com/article/414/206414.html


赤松伊織