中国国家統計局は、19日、2015年7~9月期の実質国内総生産(GDP速報値)を公表した。発表によると、前年同期比で6.9%増と、リーマン・ショックの影響が色濃かった2009年1~3月期(6.2%)以来6年半ぶりに7%を下回った。中国政府は最低ラインを7.0%に目標を掲げていたが、それを下回った形だった。共同通信や各メディアなどが報じている。
人民元

中国経済の鈍化が激しい。中国では地方都市を中心に住宅の在庫が高止まりするなか、不動産向けの投資が伸び悩んだほか、輸出の減少もあって鉄鋼や自動車関連の需要が弱まり、企業の生産や設備投資が振るわなかった。これについて記者会見した中国の国家統計局・盛来運報道官は「今回7%は割ったが、下回ったのはたったの0.1ポイントだ」などと述べて、依然として政府の目標の範囲内だと強調、ショックを隠せない様子だった。

日本の内閣府は「中国の景気の緩やかな減速が続いていることが確認された」と見解を述べた。また、中国経済の先行きについては「中国政府による景気下支えの効果もあり安定的な成長は維持されるものと見込まれるが、不動産価格や金融市場の動向などによっては下振れするリスクがある」と分析している。専門家らは、中国経済は今後も最悪の状態が続くと分析している。


(関連)

【中国GDP】7~9月期は7%割れ 6・9%増 6年半ぶり低水準 世界経済に暗い影(サンケイ)
http://www.sankei.com/world/news/151019/wor1510190028-n1.html


赤松伊織