首相官邸は、20日、安保関連法に関した特設ページを、首相官邸公式サイト内に設置した。
「なぜ」、「いま」、平和安全法制か?

安保関連法は9月に成立。しかし左翼過激派や在日中国・韓国・朝鮮人などから「説明が足りない」「議論が足りない」などと執拗に攻撃が続いている状態だ。それに対して首相官邸は、同ページ内で「国会審議は、衆議院・参議院それぞれ100時間を超え、あわせて210数時間」「日本国民の平和な暮らしを守るために不可欠な法律」と説明、中国・韓国などからたびたび嫌がらせや侵略まがいの行為を受けている実態や、世界情勢、自衛隊の活躍、日本を取り巻く驚異の現状などをわかりやすく解説している。

自民党の菅義偉・内閣官房長官は同ページ内で、「ご疑問、ご意見をお寄せください。『もっと説明して欲しい』『説明がわかりにくい』など、なんでも結構です」と、安保関連法への理解を広く呼びかけている。疑問・意見がある際は、首相官邸の「ご意見募集」フォームより投稿が可能。全文は首相官邸公式サイトで。


(全文)

「なぜ」、「いま」、平和安全法制か?(首相官邸)
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/heiwa_anzen.html


赤松伊織