韓国保健福祉部は、25日、中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスに感染した60代の男性が同日未明に死亡し、死者が計37人に増えたと発表した。MERS感染による死者が確認されたのは7月10日以来。聯合ニュースなどが報じた。
MERS

韓国メディアの報道によれば、男性はMERSウイルスの遺伝子検査で陰性となったとされるが、後遺症の治療を受けていた。防疫当局により「状態不安定患者」に指定されていた2人のうち1人だったという。防疫当局は男性について、「MERSにより肺移植も受けたが、病状が好転しなかった」と説明した。男性は遅れてMERS感染が確認され、5月末、妻を連れて多数のMERS患者が発生したサムスンソウル病院を訪問。妻は自宅隔離となったが、男性は対象にならなかった。6月初めに発熱などMERSの症状が出たが、同月15日になるまでMERS感染が確定しなかった。これらの状況から、実際のところはMERS感染が放置された状態だったとみられ、またも韓国のサムスンソウル病院の“人災”が露呈した形だ。

これまでもサムスンソウル病院は人災によりMERS蔓延を広めるミスを犯している。今回も病院側の処置の遅れが死亡の原因となった形だ。韓国では8月、9月にそれぞれMERS終息宣言を発表していたが、それぞれ発表の矢先にMERS残留が確認され終息が見送られた状態となっていた。今回も終息宣言を発表した矢先の患者死亡だった。


(参照)

MERS感染者1人死亡 死者37人に=韓国
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2015/10/25/0800000000AJP20151025000500882.HTML


赤松伊織